耐震性を上げる!許容応力度構造計算のハウス企画

サイトマップ
鎧ガードと一般構造用面材との試験比較

   なんとしても人命を守る

津波防災地域づくりに関する法律」(平成23年法律第123号)が
平成23年12月27日に施行されました。

法は「なんとしても人命を守る」と定めています。

また「災害に上限がないのでハード・ソフトの面で多重防衛を
しなければならない」としています。

多重防衛の一つとして、耐震強度を高める、 鎧ガード(R)工法
ハウス 企画は提案します。

地震による倒壊を防ぐことは、もちろん、家財を守るだけでなく、
家族の命も守ります。
また津波対策としても、建物の強度を高めていれば家族の命を
守ることができるのです。

木造住宅では強度が弱い、と考えられがちですが、 鎧ガード(R)工法によって、
木造住宅の強度を強くすることができるのです。

また鎧ガード(R)工法の利点としては、 新築のみでなく、耐震改修リフォームでも
工事を行えるということです。
今ある建物を生かし、痛んだ箇所を補修して耐震強度を高めることも
鎧ガード(R)工法では可能です。

ぜひ詳細をハウス企画に お問い合わせください。



ハウス企画 なんとしても人命を守る ページトップへ